アスベスト(石綿)除去工事・処理の事なら全国対応のアクティブへお任せください。選ばれる理由があります。

弊社ご紹介

当社は「働く人や暮らす人を守ることが第一の使命」として、安全・確実にアスベストを処理できるプロフェッショナルの集団です。
お客様からの信頼を得られるよう日々の業務継続、挑戦と探究心を持って事業を遂行します。

会社概要

【営業内容】

アスベスト除去工事、ダイオキシン除染工事
土木建築工事、防水工事、営繕工事

〒002-0858
北海道札幌市北区屯田8条12丁目5-3

TEL :011-774-7286 FAX: 011-774-7287 メールでのお問い合わせ
  • HOME
  • >
  • アスベストについて

アスベストについて

アスベスト概要

アスベストは綿のように軽く柔らかい形状で耐熱・耐火性や防音性、絶縁性など、数々の優れた性質を持つことから「夢の材料」と言われ、世界中で多くの建設資材、電気製品、自動車、家庭用品等に重用されてきました。

しかし、空中に飛散した石綿繊維を長期間大量に吸入すると、肺癌や中皮腫の誘因となることが指摘されるようになりました。

しかし、20世紀後半に入ると徐々にアスベストと健康被害との関係性が科学的に解明されていき、 日本でも2005年に「周囲にアスベストが存在するだけで誰でも健康被害を受ける可能性がある」ということがマスコミに取り上げられ、大きな社会問題となったことからアスベスト使用規制が一気に本格化しました。

アスベスト
このような場所にアスベストが使用されています。

アスベストの危険性

アスベストはケイ酸塩鉱物の一種で、成分自体に毒性があるわけではありません。アスベストの有害性はその形状と性質にあります。
アスベストは非常に細い繊維の集合体です。その太さはアスベストの種類にもよりますが、およそ0.02~0.35μm(マイクロメートル)と言われています。これは髪の毛の太さの5,000分の1程度の細さです。

アスベストは一見綿のように見えますが、繊維の1本1本には弾力はほとんどなく、非常に脆く折れやすい性質を持っています。このため、軽い衝撃を与えただけで繊維が粉々に砕け散り、目に見えないほど微細な針状の粉塵(ほこり)となって舞い散ります。

この粉塵を人が吸い込むと、アスベストの針は肺に達して肺胞に突き刺さります。針を体外に排出するため、人体の免疫システムが異常反応を起こして「石綿肺」「肺がん」「中皮腫」などを引き起こす原因となります。

  • アスベスト
  • アスベスト
  • アスベスト
  • アスベスト
  • アスベスト
  • アスベスト
  • ↓
  • アスベスト対策が必要です!
トップへ戻る